40代母子家庭は転職するのは難しい?

母子家庭の方が転職を目指す場合、普通は「厳しいんじゃないか」というイメージを持たれるかと思います。
ましてや、40代ともなれば尚更です。
確かに、40代の母子家庭の方が転職を目指すのは、新卒の就職活動や正社員から正社員への転職に比べれば厳しい部分もあるのも確か。
しかし、40代で母子家庭だからこそアピールできるポイントもあるということをご存知ですか?

「子どもをすでに産んでいる」という事実

女性の場合、出産や結婚を機に会社を辞めてしまうという方も少なくありません。
その点、母子家庭の方はすでに子どもを産んでいるので、産休や育休もありませんし、出産を機に突然仕事を辞めてしまうなんていうこともありません。
ですので、先進的な採用担当者の場合、すでに子どもを産んでいる母子家庭の方を「長く一緒に仕事ができそうだ」と好意的に捉えてくれるケースも少なくないのです。
ましてや、今や出産後に再就職を目指す女性が増えて来ていますので、そういった先進的見方をする企業も増えて来ているのです。

サポート体制をアピールしよう

母子家庭の方を採用する場合、採用側で気になるのはやはり、子どものこと。
急に熱をした、怪我をした等の理由でちょくちょく早退されてしまうと、採用した企業側も困ってしまいます。
しかし、例えば
・両親が近隣に住んでいるので困った時には助けてもらえる
・親族や友人に助けてもらえる環境がある
・○時までは子どもを確実に預かっていてもらえる
などといったサポート体制があり、それをきちんとアピールできれば採用側の不安も消え、あなた自身の能力だけを見て選考をしてくれることになります。
40代で転職を目指す場合、子どももある程度の年齢になっている可能性が高いので、そういったサポート体制が必要ない場合もあります。
その場合は、はっきりと採用担当者へその点をアピールするようにしましょう。
必ず、プラスに働くはずです。

まとめ

40代の母子家庭の方が転職を目指すのは、一般的には厳しいという認識が多いのが事実。
しかし、40代で母子家庭だからこそ、アピールできる部分もあります。
面接は、はっきりと自分をアピールする場所です。
「40代で母子家庭」をマイナスにばかり捉えず、むしろここまで子どもを育てたという実績を武器に、転職活動に臨みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です