母子家庭転職の面接で聞かれることとは?

母子家庭の方が正社員への転職を目指す場合、当然ネックになってくるのが子どもの存在。
ここまで一生懸命育てて来た我が子が転職の足枷になるなんて、なんだか悔しいですよね。
でも、母子家庭の方が転職をしようとする時聞かれるポイントって大体決まっているんです。
そしてそれは、きちんと対策をすることで乗り切ることができます。
更に、子どもがいることでアピールできることもあるんですよ!

母子家庭の方が転職の面接で聞かれることとは。その対策

母子家庭の方が転職の面接に臨む際、必ず聞かれる質問はズバリ

「子どもがもし病気になったらどうしますか?」

です。ニュアンスは違っていても、つまりは急に子どもの為に時間を取らなければならなかった場合に、どうしますかという事を採用者は聞きたいわけです。

その対策として一番大事なのは「曖昧に答えない」ことです。

「多分、大丈夫だと思います」
「あまりそういったケースはないと思います」
といった曖昧な回答をすると「ではもし起こってしまった場合はどうしますか」と更に聞かれた場合にどうしようもなくなります。
そうではなくて、自分の周りのを支えるサポート体制について、きちんと伝えるようにしましょう。
例えば、両親と同居している場合は両親のサポートを受けられる、頼れる友人がいる場合はその友人を頼ることができるなど、自分が動かなくて済む状況にある場合はそれをきちんと伝えるようにしましょう。
また、近親者からの支援が受けられない場合は病児保育などを利用することで、「この時間までは確実に働くことができる」という時間を明確にし、それを採用担当者へ伝えるようにしましょう。
一番大事なのは、「曖昧にしないこと」
曖昧にしてしまうと、採用担当者も不安になってしまい、面接の結果がうまくいかなくなってしまいます。

「子どもを育てた」ということをアピールポイントにしよう

そして、そうした子どもの話が出て来た時に、つかさずアピールしたいポイントがあります。
それは、「ここまで子どもを育てて来た」という実績です。
子育ては、並大抵の覚悟や責任感でできるものではありません。それは、あなたが一番よく分かっているはず。
そして、正社員としての仕事で求められるのは「責任感」です。
出産してから今まで子どもを育ててきた、あなやの責任感の強さを是非とも採用担当者へアピールしましょう。
その時も、「子育てが自分の強みになっている」ということを自信を持って採用担当者へ伝えるようにしましょう。
そんなあなたの気持ちが伝われば、きっと良い結果が生まれるはずです。

まとめ

母子家庭の方が転職をする際、必ず聞かれるのが「子どもがもし病気になったらどうしますか?」という質問。
その質問には、決して曖昧に答えず、ありのままを伝えるようにしましょう。
その為に、事前にサポート体制をできるだけ整えておくことが大切です。
そして、子どもの存在は転職の面接にとって、強力な強みになることも覚えておきましょう。
子育てであなたが培って来た責任感を強みとして採用担当者へ伝える。
それが転職の面接を成功させる秘訣です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です