母子家庭の転職でおすすめのタイミングとは?

母子家庭の方が転職をするのは、一体いつのタイミングが良いのでしょうか?
子どもが保育園に進んだら? 小学校に入学したら? はたまた、子どもが中学生になったら?
母子家庭の方が転職をするべきタイミングには実は、はっきりとしたポイントがありました!

転職におすすなタイミングは、子どもに手がかからなくなる時期(小学生~中学生)

子どもがまだ小さい頃は、急に熱を出したり、突然怪我をしてしまったりと突発的に面倒を見なくてはならない状況に置かれるケースも少なくありません。
その為まだ子どもが幼く、保育園に通っている時期などは正社員への転職はあまりおすすめできません。
できれば、子どもに手がかからなくなる小学生から中学生くらいの時期から転職を考えるようにしましょう。
それまでの間は派遣やパートといった比較的融通の利く仕事をしましょう。
そして、派遣やパートとして働く上で是非頭に入れておいて欲しいポイントがあります。

正社員を見越して働く

派遣やパートの仕事は、正社員の仕事とは違って場当たり的な、責任が生じにくい仕事が多いのも事実です。
ですが、この時期から「正社員として働くのなら」ということをシミュレーションしながら仕事に取り組むことが大事です。
そして、子どもが大きくなりいざ正社員への転職を目指すぞ、という時にこれまで培って来た経験を採用担当者へアピールするようにしましょう。
派遣やパートで働いている人は、目的意識が薄い人も少なくありません。
その中で、しっかりと目的意識を働いて来たという実績は必ずアピールポイントになります。

サポート体制が整っているのならばすぐにでも転職してもOK

例えば、両親が同居している、頼れる親族がすぐ近くに住んでいるなどのサポート体制がしっかりと整っているのであれば、子どもが大きくなるのを待たずに、今すぐにでも転職活動を開始しても問題ありません。
そしてその際は採用担当者にしっかりとそうしたサポート体制があることをアピールするようにしましょう。

まとめ

母子家庭の方が正社員としての転職を目指す場合には、意識するべきタイミングがあります。
それは、子どもが手のかからなくなってくる、小学生や中学生になった時期です。
その時期になるまでは、派遣やパートといった比較的融通の利く仕事で働くようにしましょう。
とはいえ、子育てのサポート体制が充実している場合は、今すぐにでも転職活動を開始しても問題ありませんので、そうしたサポート体制を作れるようであれば、検討をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です