母子家庭でも正社員に転職できる理由

母子家庭で仕事を探す場合、まず迷うのが正社員で働くか、派遣やパートで働くかということ。
派遣やパートで働くことを選択した場合のデメリットは、やはり給料が安いことと、雇用が安定せず、いつクビになるか分からないといった不安定な状況に置かれることです。
一方で正社員のデメリットとはなんでしょうか。
正社員のデメリットは拘束時間が長い事と仕事に責任が生じるところです。
しかし今は子どもを産んだ後にカムバックをする女性も多い事から、育児支援制度を取り入れた企業も多くなってきています。
そう考えると、やはり給与や雇用の面で優遇されている正社員を目指したいものです。
では、母子家庭でも正社員に転職するコツとはどんなものがあるのでしょうか。

選考を受け続ける

まず始めにお話しておかなければならないのは、母子家庭で正社員の転職を目指すということは、新卒で就職活動をする場合や正社員で働いている人がそのままの流れで正社員に転職をする場合とはまったく状況が違うということ。
ざっくばらんに言えば「落ちて当然」です。
ですから、まず始めに母子家庭で転職を目指す場合は、落ち続けても受け続けるという気持ちを持ち続けることが大切です。
では、母子家庭の方が正社員になることは不可能なのかと言えば、そんなことはまったくありません。むしろアピールポイントとなることもあるのです。

責任感をアピールしよう

先ほど、正社員のデメリットとして「仕事に責任が生じる」というお話をしました。
正社員になると、自分がこなす仕事に責任が生じてきますが、会社で働いている人の中にはその責任を放棄しようとする人間がいます。
そういった人間は会社にとって非常に厄介な存在になります。
ですので、母子家庭で正社員に転職する場合、自らの子育て体験などを軸にして「しっかりと責任を持って仕事に取り組む」という姿勢をアピールしましょう。
大丈夫。あなたは実際にしっかりとお子様をここまで育ててきたのですから、責任感があることは間違いないのです。あとは、それを採用担当者へ伝えるだけです。

母子家庭の方でも正社員の仕事はある

母子家庭の方でも正社員になれる仕事は、実はたくさんあります。
例えば「女の転職@TYPE」や「はぴシェア」などの転職サイトを覗いてみると、未経験でもOKな仕事や、完全在宅制の正社員雇用の仕事がゴロゴロと転がっています。
ですので、まずは悲観的にならずにこういったサイトを訪問し、自分に合った仕事を探してみましょう。

まとめ

大事なことなのでもう一度書きますが、母子家庭で正社員の転職は「落ちて当然」です。しかし、何度でもチャレンジすることで必ず活路は開きます。
あなたには「ここまで子どもを育て上げた」という素晴らしい強みがあります。
その強みを活かして就職活動を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です