母子家庭転職の面接で聞かれることとは?

母子家庭の方が正社員への転職を目指す場合、当然ネックになってくるのが子どもの存在。
ここまで一生懸命育てて来た我が子が転職の足枷になるなんて、なんだか悔しいですよね。
でも、母子家庭の方が転職をしようとする時聞かれるポイントって大体決まっているんです。
そしてそれは、きちんと対策をすることで乗り切ることができます。
更に、子どもがいることでアピールできることもあるんですよ!

母子家庭の方が転職の面接で聞かれることとは。その対策

母子家庭の方が転職の面接に臨む際、必ず聞かれる質問はズバリ

「子どもがもし病気になったらどうしますか?」

です。ニュアンスは違っていても、つまりは急に子どもの為に時間を取らなければならなかった場合に、どうしますかという事を採用者は聞きたいわけです。

その対策として一番大事なのは「曖昧に答えない」ことです。

「多分、大丈夫だと思います」
「あまりそういったケースはないと思います」
といった曖昧な回答をすると「ではもし起こってしまった場合はどうしますか」と更に聞かれた場合にどうしようもなくなります。
そうではなくて、自分の周りのを支えるサポート体制について、きちんと伝えるようにしましょう。
例えば、両親と同居している場合は両親のサポートを受けられる、頼れる友人がいる場合はその友人を頼ることができるなど、自分が動かなくて済む状況にある場合はそれをきちんと伝えるようにしましょう。
また、近親者からの支援が受けられない場合は病児保育などを利用することで、「この時間までは確実に働くことができる」という時間を明確にし、それを採用担当者へ伝えるようにしましょう。
一番大事なのは、「曖昧にしないこと」
曖昧にしてしまうと、採用担当者も不安になってしまい、面接の結果がうまくいかなくなってしまいます。

「子どもを育てた」ということをアピールポイントにしよう

そして、そうした子どもの話が出て来た時に、つかさずアピールしたいポイントがあります。
それは、「ここまで子どもを育てて来た」という実績です。
子育ては、並大抵の覚悟や責任感でできるものではありません。それは、あなたが一番よく分かっているはず。
そして、正社員としての仕事で求められるのは「責任感」です。
出産してから今まで子どもを育ててきた、あなやの責任感の強さを是非とも採用担当者へアピールしましょう。
その時も、「子育てが自分の強みになっている」ということを自信を持って採用担当者へ伝えるようにしましょう。
そんなあなたの気持ちが伝われば、きっと良い結果が生まれるはずです。

まとめ

母子家庭の方が転職をする際、必ず聞かれるのが「子どもがもし病気になったらどうしますか?」という質問。
その質問には、決して曖昧に答えず、ありのままを伝えるようにしましょう。
その為に、事前にサポート体制をできるだけ整えておくことが大切です。
そして、子どもの存在は転職の面接にとって、強力な強みになることも覚えておきましょう。
子育てであなたが培って来た責任感を強みとして採用担当者へ伝える。
それが転職の面接を成功させる秘訣です。

母子家庭の転職でおすすめのタイミングとは?

母子家庭の方が転職をするのは、一体いつのタイミングが良いのでしょうか?
子どもが保育園に進んだら? 小学校に入学したら? はたまた、子どもが中学生になったら?
母子家庭の方が転職をするべきタイミングには実は、はっきりとしたポイントがありました!

転職におすすなタイミングは、子どもに手がかからなくなる時期(小学生~中学生)

子どもがまだ小さい頃は、急に熱を出したり、突然怪我をしてしまったりと突発的に面倒を見なくてはならない状況に置かれるケースも少なくありません。
その為まだ子どもが幼く、保育園に通っている時期などは正社員への転職はあまりおすすめできません。
できれば、子どもに手がかからなくなる小学生から中学生くらいの時期から転職を考えるようにしましょう。
それまでの間は派遣やパートといった比較的融通の利く仕事をしましょう。
そして、派遣やパートとして働く上で是非頭に入れておいて欲しいポイントがあります。

正社員を見越して働く

派遣やパートの仕事は、正社員の仕事とは違って場当たり的な、責任が生じにくい仕事が多いのも事実です。
ですが、この時期から「正社員として働くのなら」ということをシミュレーションしながら仕事に取り組むことが大事です。
そして、子どもが大きくなりいざ正社員への転職を目指すぞ、という時にこれまで培って来た経験を採用担当者へアピールするようにしましょう。
派遣やパートで働いている人は、目的意識が薄い人も少なくありません。
その中で、しっかりと目的意識を働いて来たという実績は必ずアピールポイントになります。

サポート体制が整っているのならばすぐにでも転職してもOK

例えば、両親が同居している、頼れる親族がすぐ近くに住んでいるなどのサポート体制がしっかりと整っているのであれば、子どもが大きくなるのを待たずに、今すぐにでも転職活動を開始しても問題ありません。
そしてその際は採用担当者にしっかりとそうしたサポート体制があることをアピールするようにしましょう。

まとめ

母子家庭の方が正社員としての転職を目指す場合には、意識するべきタイミングがあります。
それは、子どもが手のかからなくなってくる、小学生や中学生になった時期です。
その時期になるまでは、派遣やパートといった比較的融通の利く仕事で働くようにしましょう。
とはいえ、子育てのサポート体制が充実している場合は、今すぐにでも転職活動を開始しても問題ありませんので、そうしたサポート体制を作れるようであれば、検討をしてみましょう。

シングルマザーが仙台で正社員へ転職するコツ

シングルマザーが正社員への転職を目指す場合、あるコツがある事をご存知でしょうか。
そして仙台という限定されたエリアで、シングルマザーが正社員への転職を目指す場合、絶対にするべきことがあります。
それらを今から順番にご紹介いたします。

シングルマザーが正社員への転職を目指すコツ

シングルマザーが正社員への転職を目指すコツは、「いきなり正社員になろうとしない」ことです。
シングルマザーが正社員への転職を目指す場合、転職サイトでいきなり検索条件に「正社員」とチェックを入れてしまいがちです。
しかし、そこはあえてチェックを入れずに、代わりにフリーワードを入れられる検索欄に「正社員」と入力しましょう。
そうすることで、募集形態は「正社員」ではなくても「正社員登用制度あり」の求人も検索にかかるようになります。
「正社員登用制度あり」だからと言って、必ず正社員になれるという保証はありません。
しかし、まずは話を聞いてみなければなにも分かりません。
もし、名ばかりの登用制度だった場合はさっさと次の職場を探しましょう。
その為にも、正社員登用制度ありの求人に面接を行う際は「正社員への登用実績は何人くらいありますか」としっかりと実績を確認しましょう、
まずは求人検索を「雇用形態:正社員」限定で探すのではなく、「正社員登用制度あり」まで広げること。
これが、シングルマザーが正社員になる為のコツの一つです。
では、仙台限定でシングルマザーが正社員への転職を目指す場合に絶対にするべき事とはなんでしょうか。

「仙天ナビ」へ登録する

「仙天ナビ」とは、仙台の就職や転職に特化した求人サイトです。仙台の正社員求人情報に至っては最大級の件数を誇っています。
そして、こちらには「一般事務」で「正社員」といった条件のもので尚かつ「未経験可」という求人もあります。
仙台で正社員への転職を目指すには、まずこの「仙天ナビ」を利用しましょう。
それが一番の近道です。

まとめ

シングルマザーで正社員への転職を目指すのは、一般的には難しいと考えられがち。
しかし、やりようによってはいくらでも方法はあります。
・「正社員登用制度あり」の求人を探す
・「仙天ナビ」を活用する
この2つのコツを頭に入れておくだけで、シングルマザーでも正社員として転職できる日がそう遠くない未来になるでしょう。

第2新卒 転職 成功

40代母子家庭は転職するのは難しい?

母子家庭の方が転職を目指す場合、普通は「厳しいんじゃないか」というイメージを持たれるかと思います。
ましてや、40代ともなれば尚更です。
確かに、40代の母子家庭の方が転職を目指すのは、新卒の就職活動や正社員から正社員への転職に比べれば厳しい部分もあるのも確か。
しかし、40代で母子家庭だからこそアピールできるポイントもあるということをご存知ですか?

「子どもをすでに産んでいる」という事実

女性の場合、出産や結婚を機に会社を辞めてしまうという方も少なくありません。
その点、母子家庭の方はすでに子どもを産んでいるので、産休や育休もありませんし、出産を機に突然仕事を辞めてしまうなんていうこともありません。
ですので、先進的な採用担当者の場合、すでに子どもを産んでいる母子家庭の方を「長く一緒に仕事ができそうだ」と好意的に捉えてくれるケースも少なくないのです。
ましてや、今や出産後に再就職を目指す女性が増えて来ていますので、そういった先進的見方をする企業も増えて来ているのです。

サポート体制をアピールしよう

母子家庭の方を採用する場合、採用側で気になるのはやはり、子どものこと。
急に熱をした、怪我をした等の理由でちょくちょく早退されてしまうと、採用した企業側も困ってしまいます。
しかし、例えば
・両親が近隣に住んでいるので困った時には助けてもらえる
・親族や友人に助けてもらえる環境がある
・○時までは子どもを確実に預かっていてもらえる
などといったサポート体制があり、それをきちんとアピールできれば採用側の不安も消え、あなた自身の能力だけを見て選考をしてくれることになります。
40代で転職を目指す場合、子どももある程度の年齢になっている可能性が高いので、そういったサポート体制が必要ない場合もあります。
その場合は、はっきりと採用担当者へその点をアピールするようにしましょう。
必ず、プラスに働くはずです。

まとめ

40代の母子家庭の方が転職を目指すのは、一般的には厳しいという認識が多いのが事実。
しかし、40代で母子家庭だからこそ、アピールできる部分もあります。
面接は、はっきりと自分をアピールする場所です。
「40代で母子家庭」をマイナスにばかり捉えず、むしろここまで子どもを育てたという実績を武器に、転職活動に臨みましょう!

母子家庭でも正社員に転職できる理由

母子家庭で仕事を探す場合、まず迷うのが正社員で働くか、派遣やパートで働くかということ。
派遣やパートで働くことを選択した場合のデメリットは、やはり給料が安いことと、雇用が安定せず、いつクビになるか分からないといった不安定な状況に置かれることです。
一方で正社員のデメリットとはなんでしょうか。
正社員のデメリットは拘束時間が長い事と仕事に責任が生じるところです。
しかし今は子どもを産んだ後にカムバックをする女性も多い事から、育児支援制度を取り入れた企業も多くなってきています。
そう考えると、やはり給与や雇用の面で優遇されている正社員を目指したいものです。
では、母子家庭でも正社員に転職するコツとはどんなものがあるのでしょうか。

選考を受け続ける

まず始めにお話しておかなければならないのは、母子家庭で正社員の転職を目指すということは、新卒で就職活動をする場合や正社員で働いている人がそのままの流れで正社員に転職をする場合とはまったく状況が違うということ。
ざっくばらんに言えば「落ちて当然」です。
ですから、まず始めに母子家庭で転職を目指す場合は、落ち続けても受け続けるという気持ちを持ち続けることが大切です。
では、母子家庭の方が正社員になることは不可能なのかと言えば、そんなことはまったくありません。むしろアピールポイントとなることもあるのです。

責任感をアピールしよう

先ほど、正社員のデメリットとして「仕事に責任が生じる」というお話をしました。
正社員になると、自分がこなす仕事に責任が生じてきますが、会社で働いている人の中にはその責任を放棄しようとする人間がいます。
そういった人間は会社にとって非常に厄介な存在になります。
ですので、母子家庭で正社員に転職する場合、自らの子育て体験などを軸にして「しっかりと責任を持って仕事に取り組む」という姿勢をアピールしましょう。
大丈夫。あなたは実際にしっかりとお子様をここまで育ててきたのですから、責任感があることは間違いないのです。あとは、それを採用担当者へ伝えるだけです。

母子家庭の方でも正社員の仕事はある

母子家庭の方でも正社員になれる仕事は、実はたくさんあります。
例えば「女の転職@TYPE」や「はぴシェア」などの転職サイトを覗いてみると、未経験でもOKな仕事や、完全在宅制の正社員雇用の仕事がゴロゴロと転がっています。
ですので、まずは悲観的にならずにこういったサイトを訪問し、自分に合った仕事を探してみましょう。

まとめ

大事なことなのでもう一度書きますが、母子家庭で正社員の転職は「落ちて当然」です。しかし、何度でもチャレンジすることで必ず活路は開きます。
あなたには「ここまで子どもを育て上げた」という素晴らしい強みがあります。
その強みを活かして就職活動を成功させましょう。